お昼に働く | ガールズバー・昼キャバでキャバドレスを楽しむ

お昼に働く

では、まずはそれぞれの仕事についてご紹介していきたいと思います。

昼キャバというのは、お昼に営業をしているキャバクラです。通常キャバクラというのは、午後7時や8時くらいから営業をします。お店が閉まるのは、午前12時頃です。それから、お客さんとアフターに行ったりすれば、帰宅が朝方になってしまうこともあります。キャバクラで働く女性は、昼夜逆転の生活をしている人が多いのです。昼夜逆転となれば、日常生活をするのも大変ですよね。しかし、昼キャバであれば、お昼頃~営業をしています。夜遅くまで働く必要が無いので、とても人気があります。しかも、キャバクラに比べるとノルマが無いお店が多く、比較的ラフに働くことが出来ます。こういった点も人気の理由です。

また、来店をする客層も少し異なります。キャバクラでの仕事が終わったボーイさんや、ホストの仕事をしている人が多いです。その為、キャバクラに比べると客層が若干若いです。また、お酒を飲まないお客さんも多いです。こういった点も、キャバクラと少し異なります。

しかし、いくらラフに働くことが出来ると言っても、基本的な仕事内容はキャバクラと同じです。男性を相手にするので、やはり綺麗にしておく必要があります。その為、キャバドレスは必要不可欠です。